水彩画の楽しさを実感し始める。描くことを続けるということ。

Profile


先月、年に一度、ギャラリー風で開催される教室展を終えました。自分で言うのも恥ずかしいけど、一皮むけた気がしている。作品は全然納得いかない部分が多いし、うまい人はたくさんいるから、まだまだだけど、自分の中の壁は突き抜けた気がする。
描くことへの恐れがなくなった。
うまくいかないことの先には、ブレイクスルーがあるのだな、と実感しました。

素敵な絵を描く人は、やっぱりたくさん描いているんです。
教室だけでは、絶対うまくなりません。
ある意味教室で描く絵は、本番の絵。
自分で練習して、いっぱい失敗しておく必要があるのです。
今回それを痛感しました。
そしてなかなか絵の道具を広げる元気が出ない時は、
絵を描くことで、なりたい自分に近づけるんだと言い聞かせて、頑張りました。

描くごとに、自分のまだまだな部分が見つかる。これって大事なことだなと思います。

Page Top