反省:オペレーターからデザイナーへ

Profile

最近のデザインワークの反省を記しておきます。
デザイナーとして、
リサーチが足りなかった。

無から何も生まれない。
ディスプレイ上で迷わない。
ディスプレイとにらめっこしていても、
何も生まれない。

本気で一流になるには。
技術だけじゃない。
技術ができても、コンセプトの部分がしっかりしていないと、
デザインは崩れ落ちてしまう。

つまり大事なのは、コミュニケーションデザイン。
編集力。情報を編集する力。

アートディレクターの佐藤可士和さんも言っていた。
答えは、クライアントの中にある、と。

オペレーターからの脱皮を図ろう。
オペレーターは指示どうりに、デザインを作る人。
デザイナーは、コンセプト・企画から携わる人。アイデアを出す人。

フットワーク軽く、
デザインの引き出しを探そう。
自分の中ではなく、外に目を向けよう。
色々なものを見よう。

これからは技術でごまかさない。

いきなりアウトプットはノーです。

情報が編集できてコンセプトがまとまったら、初めてアウトプットできる。

表現方法を、ディスプレイ上で探らず、
色々なリサーチをして、デザインアイデアを仕入れよう。

Page Top