コストをかけれなければ、手間と頭を使おう。

on 23 6月 0 Comment

先日、5000円ほどの値打ちのするチケットの印刷物を作成しました。
予算があまりない、とのことで
なかなかアイデアがまとまらず、
依頼主さんとずっとやり取りをしてきました。
たたき台のようなものを何度か作り、
当方さんはデザインを見て、
「う〜ん」
という、あまり納得のいかない顔もされていて、
このまま妥協したらデザイナー失格だと思いながら、
最後まで頑張って考えました。
どこか安っぽさが出ていたような気がします。

今回初めて印刷を発注するので、
あまりコストはかけれない、という制約の中で。
金の箔押しをすれば、高級感を表現するのに
事足りて全てが解決する。簡単に高級感は表現することができる。
でも、すぐに数万円もしてしまう箔押し。
今回はそんなコストはかけれない。泣
この制約の中で、
どうやって高級感を出すかという問題にぶち当たりました。

そこで考えたのは、手間をかけよう、ということ。
お金をかけれないならば、
手間と頭を使おう。

まず、自分で描くイラストを増やしました。
そして高級感のあるデザインのリサーチを重ねました。
すると、黒を使っていることに気づきました。黒って高級感を出すのに最適なんです。
レベル高い人は、すぐに黒にピンと来るかもしれません。

今回は紺色を使いましたが、
暗い色の紺色とゴールドの組み合わせで、
なかなかシックでいいものが出来上がりました。

Share:

You Might Also Like

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *