bootstrapの勉強

on 17 12月 0 Comment

udemyでbootstrapを勉強しています。
bootstrapとはCSSフレームワークという、
サイト作りをより簡単にできるライブラリです。
このbootstrapを実際使ってみると、
全ての要素にcontainerというクラスを振るということなどに、
ちょっとクセがあるなと感じていましたが、
慣れるといいサイトが作れそうです。

カラム分けが簡単

全部で12分割できます。
2カラムの場合、3:9というように、比率の合計が12になるように、
分割します。

レスポンシブにできる

クラスを振るだけでレスポンシブレイアウトが作れます。これもカラム分けと関わって来ます。

マルチクラスを使う

classの中に複数のクラスを振り、デザインを細かく指定していきます。

CSSとJavascriptのライブラリを簡単に利用できる

モーダルウィンドウやハンバーガーメニューの開閉など動きのあるコンポーネントを利用できます。

 

なんていうところが
大まかな特徴でしょうか。
ただし、javascriptを使うとき、独特のコードを記述しないといけないので、
しばらくは公式サイトからコピペしたりして試行錯誤が続きそうです。

またbootstrapのバージョンが3と4があり、
4が最新版です。
なので、同じようにクラスを振ってもデザインがうまくいかないことがありますので
注意したいですね。

私が勉強しているのは、
brad husseyさん。
コーディングの参考にもなりますよ。
動画を止めながら、一緒に勉強しています。

Share:

You Might Also Like

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *